しくむです。

これまで占いという名の心理カードを使った口説き会話「カード占い口説き術」を記事で取り上げたことがありましたが、今回、Kindle本で出版することが出来ました。

タイトルもそのまま「ハートグラム口説き術」です。

ハートグラム口説き術とは

今回紹介している「ハートグラム口説き術」はAmazonで人気のKindleUnlimitedで読める電子書籍となっています。KindleUnlimitedに入っている方は無料でよめますのでこの機会に是非。

 

ハートグラムというコミュニケーションツール

「ハートグラム」見慣れない言葉かと思いますが、31枚のカードセットです。

 

表紙のカードは「○×占い」となっていますので、占いの印象なのですが、心理学・波動力学と表紙に書かれている通り純粋な占いではないです。

心理テストの要素があります。(占いを信じない人も心理テストなら、科学的根拠があるって思えるんじゃないでしょうかね?)

ただし、女性にそれを言ってはいけない。

「占い」をしている体裁が大切なのです。(女性はそちらの方が好きだから)

 

占いという体裁が女性の興味を惹く

「占って欲しい」男性はあまりそういうことは言わないですが、女性はよく言う。

それだけ占い好きだってことですね。ということは「占い」が出来ればそれだけ、女性から興味を持たれる、ってことです。

ハートグラムの使い方の実例

◆相席屋の帰りがけにて・・・同じエレベータに乗った女性に声掛けしました。

しくむ相棒
楽しく過ごせました?

 

女性
いえ、あまり盛り上がりませんでした。食べ物は良かったんですが・・・

 

ここから2、3分雑談後・・・

しくむ
私は最近占い覚えましてね。恋愛とか婚カツとかに効力を発揮するんですよ。

 

女性
えっ、私占って欲しい

 

しくむ
いいですよ。今からどうです?

 

女性
今日はこれから用があるので、でも、今度占ってほしいです。

 

こんなやり取りでデートの約束が取れたわけです。

 

こんな風に、女性を誘う口実=女性がまた会いたいと思う理由、をつくれることは女性を口説く上においてかなり有効な武器になります。

出会いアプリでも、お見合いパーティでも デートに誘える

これはナンパだけではありません。

ネットならプロフィールに「占いやってます」と書いておけば、それに興味を持った女性とマッチングし、占いのために会おう!って話になるんですね。

お見合いパーティでも「プロフィールシート」の趣味欄に「占い」と書いておけば、女性の興味を引けるわけです。

ナンパと違ってこの2つの出会いは、その他多数の男性と競争ですから、印象に残る必要がある。

「占いやってます」という男はそうそういないから、印象に残る=覚えてもらえる、わけです。

 

営業ツール&コニュニケーションツールにも

デートが実現しやすいだけではありません。

ハートグラムは上記のように表現されています。

 

説明会では、営業に使おう、という人

結婚相談所の仲人さんたちが参加しています。

会話が苦手な人でもこれを使えばコミュニケーションが取れるってことですね。

 

仲人さんが使うってことは婚カツでも有効ってことです。

 

婚活のプロですからね。婚活で有効ってことは恋愛活動でも有効ってことは容易に想像できると思います。

 

ハートグラムを使ってどのように会話すべきか?

という問いに対しては、Kindle書籍に譲りたいと思います。

是非とも読んで下さい。KindleUnlimitedに入ってると読み放題なのでお金がかかるわけでありませんからお気軽に。

きっとあなたの恋愛を加速させることになるでしょう。

 

>>AmazonKindle:ハートグラム口説き術はこちらから

 

 

 

この記事を書いた人
しくむ:ミドル恋愛塾
恥ずかしながら、41歳まで女性と付き合ったことがありませんでした。 このままでは一生に一度も女性に好かれることなく人生が終わると危機感を覚え、恋愛ノウハウを本格的に学びました。 学んだ後も失敗の連続で、その中からときには成功するようになり、その確率を上げつつ、現在に至ります。 私の記事は、失敗を重ねていた頃の自分に伝えたいノウハウや事例です。 これを伝え、試行錯誤をショートカットさせたいって。 そして、その頃の私と同じ状況にあるアラフォー以上の方々へのメッセージでもあります。
【友だち限定プレゼント】既読スルーを復活させるLINE術 151

?>詳細はこちらをクリック<