しくむです。

デートが決まった時・・どこでデートするか迷いませんか?

なぜ迷うのか・・・それは正解を知らないからです。

 

デートは提案するところから始まっています。

今回の記事は、私の失敗事例を交えながらデート計画の立て方について書いてますので参考にして下さい。

これは実際の体験談です

まだ、女性と全く付き合ったことがなかった頃の話です。

(私は40過ぎるまで女性と付き合ったことがないので、そっちの方がはるかに長い)

 

習い事で知り合った女性とデートできることになりました。

 

習い事の後の打ち上げで話したら意気投合して、連絡先を交換して、一緒に食事に行きましょう!という展開になりました。

と言っても自分からは誘えず、女性の方から提案してくれました。

 

舞い上がりました。

 

平日、仕事が終わりスマホをみると

 

女性
今日、これからどうですか?上野辺りで!

 

と、LINEがありました。

 

もちろん、喜んでOKしました。

仕事が終わり、上野に向かいました。

 

彼女が来れる時間より1時間くらい前に着いた私は、どこに行こうか?と歩きながら見て回っていました。

 

しかし、どこがいいのか?全く思い浮かばない。店は何軒もあるのに、どこも馴染みがない。

普段から酒を飲む人間なら、少しは慣れているのでしょうが・・・

 

しくむ
お酒も飲めないしどうしようかな・・・

 

その場になって初めて、自分は女性と食事・飲む場所を知らないんだ!と思い知らされたわけです。

 

そうこうしているうちに彼女が上野に着き、待ち合わせました。

 

女性
どこに行きましょう?

 

しくむ
・・・

 

これに私は答えられませんでした。

 

その後、なんとなく上野の繁華街を2人で歩いてると

 

女性
ここにしましょうか?

 

と彼女の方から提案され、その店に入りました。

当時はそこまで気が付きませんでしたが、この店まで入る流れは女性にとって

 

女性
頼りない人なのかな?
女性
全然店を知らないんだ
女性
お気に入りのお店に連れて行ってほしかったな

 

 

と、マイナスの感情が作用していたでしょう。

 

元々意気投合していた関係というのもあったので、その後の会話は楽しくできたと思いますが、もはや挽回するには至りませんでした。

彼女は、その後は冷たいメール返信しかくれないようになっていました。

 

しくむ
もちろん、2回目のデートは実現しませんでした

 

これはデート場所、および計画で失敗した典型例といえるでしょう。苦い思い出です。

 

しかし、その頃の私は恐ろしいことに、自身の準備不足のために失敗したことに気づいていませんでした。

 

“彼女は気難しい”

“彼女は場所にうるさい”

“プライドばかりが高い”

 

等々、女性に責任を転嫁し、自分のせいだと思ってなかったのです。

 

今思うと、しなくてもいい失敗をしたと、後悔と恥ずかしさがあります。

 

なぜなら、デート場所を探す・選ぶ方法を知っていれば(知識さえあれば)、準備さえしていれば、経験がなくとも何とかなった部分だからです。

 

女性とうまくいかなかった理由が会話の内容や雰囲気が原因だとすれば、慣れや経験不足だったと言えるでしょう。

また容姿や職業が原因だとすれば自身ではどうにも出来ない要素でマイナスになっているのであきらめが付くというものです。

 

が、これらに比べて、クリアするのが簡単なところでマイナスを食らってしまった。

 

=「しなくてもいい失敗」

 

もったいないことをしてしまった、という後悔です。

 

もちろん、私の失敗談はこれだけではありませんが、少しでもこういう失敗をできるだけ減らして頂きたい。

 

そんなことを念頭に、本書を執筆しました。

 

AmazonKindleUnlimited書籍となってますので、参考にしていただければ幸いです。

 

[ip5_button url=”https://www.amazon.co.jp/dp/B06XW1GWPJ/ref=sr_1_3?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1494031736&sr=1-3&keywords=%E3%81%97%E3%81%8F%E3%82%80″ color=”” size=”button–large” width=”” target=”blank” ]AmazonKindle:デートプラン術: 口説き段階・付き合い段階 場所を味方にする!はこちらから[/ip5_button]
この記事を書いた人
しくむ:ミドル恋愛塾
恥ずかしながら、41歳まで女性と付き合ったことがありませんでした。 このままでは一生に一度も女性に好かれることなく人生が終わると危機感を覚え、恋愛ノウハウを本格的に学びました。 学んだ後も失敗の連続で、その中からときには成功するようになり、その確率を上げつつ、現在に至ります。 私の記事は、失敗を重ねていた頃の自分に伝えたいノウハウや事例です。 これを伝え、試行錯誤をショートカットさせたいって。 そして、その頃の私と同じ状況にあるアラフォー以上の方々へのメッセージでもあります。
【友だち限定プレゼント】既読スルーを復活させるLINE術 151

?>詳細はこちらをクリック<